上野 英三郎(読み)ウエノ エイザブロウ

20世紀日本人名事典「上野 英三郎」の解説

上野 英三郎
ウエノ エイザブロウ

明治・大正期の農学者 東京帝国大学農学部教授。 忠犬ハチ公の主人。



生年
明治4年(1871年)

没年
大正14(1925)年5月22日

出生地
三重県

学歴〔年〕
帝大農科大学(現・東大農学部)〔明治28年〕卒

学位〔年〕
農学博士〔大正3年〕

経歴
明治41年ドイツ留学、帰国後、東京帝大農学部教授。灌漑排水と耕地整理に貢献。東京・渋谷駅前の「忠犬ハチ公」の銅像は、博士の愛犬がモデル。毎夕6時、博士の帰宅を渋谷駅改札口まで迎え、博士亡き後も待ち続けたハチのことを、総合通信の細井吉蔵記者が記事にし、当時の風潮に乗ってたちまち忠犬美談に発展した。ハチ公生存中の昭和9年には安藤照製作の「忠犬ハチ公」銅像が渋谷駅に建てられ、あやかり商法でハチ公せんべい、ハチ公そば、ハチ公焼鳥、さらにハチ公音頭まで作られた。ハチ公は10年3月13歳で老衰死、上野の国立博物館に剥製として保存されている。銅像は19年10月12日、銅鉄回収で取り壊され、現在の像は23年安藤の息子・士製作で再建された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「上野 英三郎」の解説

上野 英三郎 (うえの えいざぶろう)

生年月日:1871年12月10日
明治時代;大正時代の農学者。農学博士;東京帝国大学農科大学教授
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android