上野 英信(読み)ウエノ ヒデノブ

20世紀日本人名事典の解説

上野 英信
ウエノ ヒデノブ

昭和期のノンフィクション作家



生年
大正12(1923)年8月7日

没年
昭和62(1987)年11月21日

出生地
山口県吉敷郡阿知須町

出身地
福岡県

本名
上野 鋭之進

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部中国文学科〔昭和22年〕中退

主な受賞名〔年〕
西日本文化賞〔昭和59年〕,日本写真協会賞(昭61年度)〔昭和62年〕「写真万葉録・筑豊

経歴
幼時からほとんどを福岡県で過ごす。旧満州の建国大学から学徒出陣し、広島の部隊で被爆。昭和23年から28年まで筑豊各地の炭鉱で働き、その後、国労の書記、クズ鉄商など数多くの職につく。中小炭鉱のルポルタージュを書き続け“ヤマの作家”として知られた。58年から「筑豊の写真集」を刊行。著書に「追われゆく坑夫たち」「地の底の笑い話」「天皇陛下万歳」「廃鉱譜」「出ニッポン記」など。他に「写真万葉録・筑豊」(全10巻)がある。筑豊の記録と紹介に関する活動の功績により、59年西日本文化賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

上野 英信 (うえの ひでのぶ)

生年月日:1923年8月7日
昭和時代のノンフィクション作家
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上野 英信の関連情報