コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野釜ノ口古窯址 あがのかまノくちこようし

1件 の用語解説(上野釜ノ口古窯址の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上野釜ノ口古窯址
あがのかまノくちこようし

福岡県福智町堀田釜ノ口にある江戸時代初期の陶器窯跡。調査された1基の古窯址は 15の焼成室と最下部の燃焼室および最上部の煙室からなる階段状連房式登り窯で全長 41mある。上野焼を焼成した諸窯のうち最古の窯で,廃絶したのは 17世紀の前期と考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野釜ノ口古窯址の関連キーワード福岡県田川郡福智町赤池福岡県田川郡福智町上野福岡県田川郡福智町伊方福岡県田川郡福智町市場福岡県福岡市西区小戸福岡県田川郡福智町金田福岡県田川郡福智町神崎福岡県田川郡福岡県福岡市西区野方福岡県田川郡福智町弁城

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone