コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下〈村〉 しも〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕下〈村〉(しも〈むら〉)


富山県中部、射水(いみず)郡に存在した村。
平安時代末期から京都上賀茂・下鴨両神社の荘園。江戸時代には北国街道の宿場町。2005年(平成17)11月、合併により廃止。⇒射水市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

下〈村〉の関連キーワード化学発光用色素一漁(4代)鳥居忠則田沼意次大野荘高遠藩大島春坡下村

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android