コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下げ帯・提げ帯 さげおび

大辞林 第三版の解説

さげおび【下げ帯・提げ帯】

室町時代、宮中の女官が用いた帯。表は金糸・縫い取り模様、裏は紅羽二重で、幅は狭く約20センチメートル。前で結んで垂らす。
江戸中期以後、武家婦人が帷子かたびらの上にしめた夏帯。両端に厚紙を入れ、背後で結び、両端を鳥の翼を張ったように垂らしたもの。つけおび。
江戸初期、女性が結んで下げた帯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下げ帯・提げ帯の関連キーワード室町時代宮中厚紙女官金糸夏帯両端

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android