コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下ろす・降ろす・卸す・堕ろす おろす

大辞林 第三版の解説

おろす【下ろす・降ろす・卸す・堕ろす】

( 動五[四] )
高い所から低い所に移す。下の方にさげる。 ⇔ あげる 《下》 「棚から箱を-・す」 「なべを火から-・す」 「ベンチに腰を-・す」
上げたり下げたりして使うものを、下げた状態にする。 ⇔ あげる 「国旗を-・す」
上を固定して、下の方へ伸ばす。 《下》 「すだれを-・す」 「幕を-・す」
人や荷物を、乗り物から外に出す。 ⇔ のせる 《降》 「乗客を-・す」 「荷を-・す」
神仏に供えた物をさげる。また、貴人の食事の残りや使っていた物を与えられる。 《下》 「お供えを-・す」 「そこの奉る御衣を一つ二つ-・し候はん/今昔 23
人を高い地位・役割などからはずす。退かせる。 「社長の座から-・す」 「主役を-・す」 「御門みかどをも-・したてまつりき/増鏡 新島守
本体から切り離す。
(木の)枝を切る。 《下》 「枝を-・す」
魚・獣の肉を解体する。 「アジを三枚に-・す」 「獣ノ四足ヲ-・ス/日葡」
頭髪を剃ったり切ったりして仏門に入る。 「髪を-・す」
(「卸す」とも書く)物をすって小さくする。 「大根を-・す」
体外に出す。 「虫を-・す」 「子を-・す」 〔堕胎の意味では「堕ろす」と書く〕
使わないでしまってあった物を出して使う。 「新しいタオルを-・す」
貯金などを引き出す。 《下》 「一〇万円-・す」
貴人の前から退出させる。 「みな下屋に-・し侍りぬるを/源氏 帚木
悪く言う。けなす。 「あさましく咎め出でつつ、-・す/源氏 乙女
風が山の峰から下に向かって吹く。 「三室山-・す嵐のさびしきに/千載 秋下
[慣用] いかりを- ・ 看板を- ・ 根を- ・ 暖簾のれんを- ・ 筆を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android