下元 勉(読み)シモモト ツトム

20世紀日本人名事典の解説

下元 勉
シモモト ツトム

昭和・平成期の俳優



生年
大正6(1917)年10月2日

没年
平成12(2000)年11月29日

出生地
高知県

学歴〔年〕
東京府立六中卒

経歴
昭和11年新協劇団研究所に入る。13年応召。復員後の24年、劇団民芸の創立に参加し、47年に民芸を退団してフリーになるまで数多い民芸の作品に出演。映画出演は27年「母のない子と子のない母と」の助演以来、「原爆の子」「真空地帯」「真昼の暗黒」「キューポラのある街」など多数。とくに35年の山本薩夫監督「武器なき斗い」では主役の大学教授を演じて評判となった。その後はもっぱらテレビに出演し、48年NHK連続テレビ小説「北の家族」でヒロインの父親役を好演し人気を博す。円熟味を増した晩年は、テレビドラマの名脇役として活躍した。一方、60年からロベール・トマ原作の舞台「罠」の地方公演を行う。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

下元 勉
シモモト ツトム


職業
俳優

生年月日
大正6年 10月2日

出生地
高知県

学歴
東京府立六中卒

経歴
昭和11年新協劇団研究所に入る。13年応召。復員後の24年、劇団民芸の創立に参加し、47年に民芸を退団してフリーになるまで数多い民芸の作品に出演。映画出演は27年「母のない子と子のない母と」の助演以来、「原爆の子」「真空地帯」「真昼の暗黒」「キューポラのある街」など多数。とくに35年の山本薩夫監督「武器なき斗い」では主役の大学教授を演じて評判となった。近年はもっぱらテレビに出演し、48年NHK連続テレビ小説「北の家族」でヒロインの父親役を好演し人気を博す。円熟味を増した晩年は、テレビドラマの名脇役として活躍した。一方、60年からロベール・トマ原作の舞台「罠」の地方公演を行う。趣味は玄人はだしのカメラ、ほかに俳句、篆刻など多彩。

没年月日
平成12年 11月29日 (2000年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下元 勉の関連情報