下山 定則(読み)シモヤマ サダノリ

20世紀日本人名事典の解説

下山 定則
シモヤマ サダノリ

昭和期の運輸官僚 国鉄総裁。



生年
明治34(1901)年7月23日

没年
昭和24(1949)年7月6日

出生地
兵庫県神戸市

学歴〔年〕
東大帝大工学部機械科〔大正14年〕卒

経歴
大正14年鉄道省入省。鉄道局技師、鉄道調査部技師、企画院技師、鉄道監を経て、昭和20年名古屋鉄道局長、21年東京鉄道局長、23年運輸事務次官を歴任。国鉄公共企業体となった24年、初代総裁に就任したが、同年7月6日未明、足立区五反野南町の常磐線路上でれき死体で発見された(下山事件)。事件は定員法による国鉄の9万5000人に上る行政整理の第1次整理が発表された直後であり、さまざまな推理を呼び、自殺説、他殺説対立のまま迷宮入りとなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

下山 定則 (しもやま さだのり)

生年月日:1901年7月23日
昭和時代の運輸官僚。国鉄総裁
1949年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下山 定則の関連情報