下座付・外座付(読み)げざつけ

精選版 日本国語大辞典の解説

げざ‐つけ【下座付・外座付】

〘名〙 歌舞伎囃子で、歌、鳴物などの曲目や演奏のきっかけを記した帳面。演目が決定すると、三味線または鳴物の付師(つけし)が作者や俳優と相談して下座付を作成する。付(つけ)。下座帳。きっかけ帳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android