コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下手人∥解死人 げしにん

1件 の用語解説(下手人∥解死人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げしにん【下手人∥解死人】

下手人(げしゆにん)という直接の実行者をさす言葉は,すでに8世紀の養老律にみられ,以後今日までほぼ同じ意味でもちいられているが,いっぽう14世紀ころより,解死人・下死人とも書き,〈げしにん〉とよませる言葉があらわれる。《邦訳日葡辞書》には〈実際の罪人の代りに捕らえられたり,刑に処せられたりしている者。ただし,通常は無罪として放免される〉とあり,その用法として,〈解死人を出す,または,引く〉をのせ,〈自分の代りに誰かを罪人としてだす〉としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の下手人∥解死人の言及

【下手人】より

…解死人(げしにん),下死人(げしにん)ともいう。殺人ないし致死の加害者を意味したが,江戸時代においてはむしろ幕府および諸藩等で死刑刑種の一つとなった。幕府では庶民に対する死刑のうち最も軽いもので,〈通例之人殺〉の刑とされたが,それには次の3条件が必要であった。(1)社会的身分が同じで,かつ主従,親族,師弟,名主地主など,上下支配の関係をもたないこと。(2)毒殺,辻斬など特別な態様や,利欲を動機とした計画的犯罪(〈巧(たくみ)〉)でなく,いわば単なる〈喧嘩口論〉の場合。…

※「下手人∥解死人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone