コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下掛かり・下掛り しもがかり

大辞林 第三版の解説

しもがかり【下掛かり・下掛り】

しもがかること。特に性を話題にした、みだらな話。 「 -のネタ」
能楽における金春・金剛・喜多の三流の称。京都に住んだ観世・宝生の二流を上掛かみがかりというのに対して、奈良に住んでいたところからいう。大和掛。 → 上掛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下掛かり・下掛りの関連キーワード大和掛三流喜多金剛奈良二流観世宝生能楽金春

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android