コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下掛かり・下掛り しもがかり

大辞林 第三版の解説

しもがかり【下掛かり・下掛り】

しもがかること。特に性を話題にした、みだらな話。 「 -のネタ」
能楽における金春・金剛・喜多の三流の称。京都に住んだ観世・宝生の二流を上掛かみがかりというのに対して、奈良に住んでいたところからいう。大和掛。 → 上掛

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下掛かり・下掛りの関連キーワード大和掛三流喜多金剛奈良二流観世宝生能楽金春

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android