コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下書き したがき

大辞林 第三版の解説

したがき【下書き】

( 名 ) スル
清書する前に、準備のために書くこと。また、そのもの。
文章などを試みに書くこと。また、その原稿。草稿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下書きの関連キーワード打ち付け書き・打付け書きおやっと!消えるペン打っ付け書きラフスケッチトレーサー打っ付け書ドラフト打付け書稿する鉛筆画草する下原稿草本文案版下清書本書粉本原稿文章

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下書きの関連情報