下村 湖人(読み)シモムラ コジン

20世紀日本人名事典の解説

下村 湖人
シモムラ コジン

大正・昭和期の小説家,教育者 台北高等学校校長。



生年
明治17(1884)年10月3日

没年
昭和30(1955)年4月20日

出生地
佐賀県神埼郡千歳村(現・千代田町)

本名
下村 虎六郎(シモムラ トラロクロウ)

旧姓(旧名)
内田

別名
旧筆名=下村 虎人

学歴〔年〕
東京帝国大学英文学科〔明治42年〕卒

経歴
少年時代から「明星」などに詩歌を投稿し、大学時代は「帝国文学」編集員となる。卒業後は教員となり、佐賀県の中学校長、台湾の台北高校校長などをつとめる。昭和6年台湾総督府官僚と衝突して教員を辞し、上京して大日本青年団講習所長をつとめ、12年から著述生活に入る。16年「次郎物語」を出版、好評を博したため、戦後も書きつぎ第5部までで未完に終ったが、教養小説として広く世に知られた。ほかに「人生を語る」「論語物語」「下村湖人全集」(全10巻 国土社)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

下村 湖人 (しもむら こじん)

生年月日:1884年10月3日
大正時代;昭和時代の小説家;教育者。台北高等学校校長
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下村 湖人の関連情報