下段・下壇(読み)げだん

精選版 日本国語大辞典「下段・下壇」の解説

げ‐だん【下段・下壇】

〘名〙
① 棚、、引出しなど、いくつかに区切ってあるものの、下に位置する段。
※運歩色葉(1548)「下壇 ゲダン」
浄瑠璃・蝉丸(1693頃)四「持仏の下だんの戸を押あけ、母を忍ばせ奉り」
下層・下位と評価される階級や等級。〔日葡辞書(1603‐04)〕
太刀や槍などの切っ先を水平より少し下げて構える型。
※五輪書(1645頃)水の巻「下段も折にふれ少し上ぐれば中段と成る」
※朝鮮往来(1636‐82)一(古事類苑・居処九)「三使御礼過て下壇に著座する時、井伊掃部頭〈略〉御使として下壇に下り、三使に向ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android