コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下水汚泥焼却灰

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

下水汚泥焼却灰

下水には雨水とともに土砂や落ち葉などが流れ込む。下水に含まれた微量の放射性物質は脱水、焼却などの処理で濃縮され、焼却灰の段階では下水の約4万倍の濃度になる。北部センターでは施設内で焼却灰を建設残土と混ぜ、改良土にしている。放射性物質の濃度を下げるため、混ぜる灰の量を減らさざるを得ず、5月末現在で余った灰4700トンを保管している。

(2012-06-25 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android