コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下河辺長流・下河辺長竜 しもこうべちょうりゅう

大辞林 第三版の解説

しもこうべちょうりゅう【下河辺長流・下河辺長竜】

〔名は「ながる」とも読み、「長竜」とも書く〕 (1627~1686) 江戸前期の国学者・歌人。大和の人。特に万葉集に通じ、近世国学の先駆となる。契沖と親交があり、その学問に多大の影響を与えた。著「万葉集管見」「晩花集」、編「林葉累塵集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下河辺長流・下河辺長竜の関連キーワード林葉累塵集国学者学問親交先駆契沖歌人

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android