コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不・無

大辞林 第三版の解説

ぶ【不・無】

( 接頭 )
名詞に付いて、それを打ち消し、否定する意を表す。
「…でない」「…しない」の意を添える。 「 -器用」 「 -調法」 「 -用心」
「…が悪い」「…がよくない」の意を添える。 「 -気味」 「 -器量」 「 -細工」 〔「不」は漢音フウ・呉音フで本来ブの音はなく、ブ(無)に影響されて生じたものと思われる。「無」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不・無の関連キーワード七事式調法

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不・無の関連情報