不二門 智光(読み)フジモン チコウ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の僧侶 比叡山延暦寺第244世座主;天台宗大僧正。



生年
天保12年(1841年)

没年
大正7(1918)年4月11日

出身地
因幡国鳥取(鳥取県)

本名
須村

経歴
因幡鳥取の大雲院・光譲大都に従って得度し、天台宗の僧となる。碩学について法戒を受け、大僧正となり、已講探題、宗機顧問の要職に就く。また天台宗西部大学・尋常中学校校長として教育にも尽くした。明治12年因州・吉祥院を創し、29年徳源院中理教寺を再設して観音寺と改称し、30年勉学寮を復建するなど因幡の諸寺を中興する。比叡山延暦寺に住し、44年第244世天台座主となる。宗教公共のために貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android