不交付団体

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

不交付団体

社会福祉など行政サービスに必要な額(基準財政需要額)から、税金などの地方財源(基準財政収入額)を差し引いて算出する。バブル景気の頃は全国で約200あったが、今年度は78。県内では原発関連の交付金を受ける女川町のほか、2005年度には富谷町(当時)も該当していた。

(2018-11-24 朝日新聞 朝刊 宮城全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不交付団体の関連情報