不作為の詐欺

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

不作為の詐欺

うそをつくなど言動で他人の財産をだまし取る通常の「作為詐欺」と異なり、本来やるべきことをせずに財産などを手に入れるケースをいう。例えば、土壌が汚染されている事実を言わず、土地を売る行為などがそれに当たる。

(2006-04-27 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android