不凍化蛋白質(読み)ふとうかたんぱくしつ(英語表記)antifreeze protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不凍化蛋白質
ふとうかたんぱくしつ
antifreeze protein

南氷洋の魚の血液に見出された糖蛋白質。トリペプチドアラニン-アラニン-トレオニン Ala-Ala-Thr配列を 50回繰返す構造をもち,トレオニン (Thr) にはβガラクトシル (1→3) -α-N-アセチルガラクトサミンが結合している。等重量の食塩の2倍,等モル濃度では 500倍の凍結防止効果があり,氷点下で生きる魚の血液が凍らないよう保護している。凍結防止の機構はまだ解明されていないが,氷の結晶核の発生を妨げ,過冷却状態を安定化すると考えられている。これとは逆に,ある種の細菌には凍結促進蛋白質がある。この細菌は,植物の葉の上で水の結晶化を促し,破壊された組織に侵入して霜害をおこす。この蛋白質は,氷の結晶核の鋳型になって過冷却水の凍結を促進すると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android