コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動産指定流通機構

1件 の用語解説(不動産指定流通機構の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

不動産指定流通機構

宅地建物取引業法に定められた会員不動産会社の間で物件情報を交換する組織のこと。現在、建設大臣指定による不動産指定流通機構は、全国を4つに分け運営されている。(東日本西日本・中部圏・近畿圏)また、不動産業者は、依頼者より専任媒介契約専属専任媒介契約を結んだ場合は、契約後、それぞれ5日以内・7日以内にこの不動産流通 機構(レインズ)に物件を登録することになっており、これは、宅地建物取引業法で定められている。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産指定流通機構の関連キーワード代理宅地建物取引業法宅地建物取引業宅地建物取引主任者宅建業法営業保証金重要事項の説明宅地建物取引業協会宅地建物取引主任者証取引態様

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone