コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動産特定共同事業法

1件 の用語解説(不動産特定共同事業法の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

不動産特定共同事業法

平成7年4月に施行された法律である。体力の弱い不動産会社が不動産共同投資事業を実行した結果、事業参加者に被害が発生したことから、事業参加者の利益の保護を図るとともに、不動産共同投資事業の健全なる発達に寄与する目的で施行された。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産特定共同事業法の関連キーワード公布自衛隊法e‐文書法医療観察法国旗国歌法施行期日宗教団体法保険業法施行規則保険業法施行令TLO法(大学等技術移転法)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不動産特定共同事業法の関連情報