コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不完全燃焼防止装置

1件 の用語解説(不完全燃焼防止装置の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

不完全燃焼防止装置

「開放式」の瞬間湯沸かし器では、機器内の2カ所でセンサーが温度を測定。温度差から不完全燃焼発生を読み取ってガス供給を停止する。メーカーが80年代初めから導入し、89年に国が義務化。現在、装置の付いていない機器は、半密閉式もあわせると都市ガスで97万台、LPガスで23万台とみられる。リンナイの事故では、再点火を繰り返すことで装置が働かなくなる可能性があることが明らかになった。

(2007-02-20 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不完全燃焼防止装置の関連キーワードパロマガス湯沸かし器事故温水器ガス湯沸し器瞬間湯沸し器銅壺湯沸しパロマ工業製ガス湯沸かし器事故東京都港区の湯沸かし器死亡事故パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故給湯器

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone