不死身・不仁身(読み)ふじみ

精選版 日本国語大辞典「不死身・不仁身」の解説

ふじ‐み【不死身・不仁身】

〘名〙 (形動)
① 打たれたり切られたりして痛めつけられても、影響を受けないこと。また、そのさまやそのからだ。
咄本・軽口御前男(1703)二「いやいや、切ても切ぬといふ。なぜに。御覧候へ。蒔絵がふじみ西行じゃ」 〔俚言集覧(1797頃)〕
② どんな困難や失敗にあってもくじけないこと。また、そのさまやその人。
大阪宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉三「不死身のやうなおやぢのわからずに苛々して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android