不気味・無気味(読み)ぶきみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動〙
① 気味が悪いさま。なんとなく恐ろしい気持や不安を感じるさま。ぶきび。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)二「引出物に元祖真筆の名号を峰右衛門にたまはるは不気味(フキミ)ながら有がたし」
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉七「無気味(ブキミ)な黒船が来て」
② 気に入らないさま。
※葉隠(1716頃)一「不気味成(なる)事有(あり)とて、役所引取などする事は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android