コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不蔵庵龍渓

1件 の用語解説(不蔵庵龍渓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

不蔵庵龍渓

江戸後期の茶人・曹洞宗の僧。江戸下谷洞雲寺住職。浜松ついで岡崎に住し、30年にわたって遠江・三河地方に宗偏流茶道を広めた。弟子に千賀可蛟がいる。天保13年(1842)寂、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不蔵庵龍渓の関連キーワード因孝休覚回天慧杲釈鼇仙千丈実巌玉山全英凸巌養益仏乗慈僊隆範越溪休覚下谷組

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone