コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不調法・無調法 ぶちょうほう

大辞林 第三版の解説

ぶちょうほう【不調法・無調法】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
行き届かないこと。へたなこと。また、そのさま。 「口は-だが腕は確かだ」
不始末をしでかすこと。しくじり。そそう。 「このたびは-をいたしまして」 「私の処に食客いそうろうだけれども、何を-しましたか/真景累ヶ淵 円朝
たしなみがないこと。また、そのさま。芸事の心得がなかったり、酒がのめないことをいう。 「 -な娘ですが、どうかよろしく」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報