コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与論島民の三池移住

1件 の用語解説(与論島民の三池移住の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

与論島民の三池移住

1898(明治31)年の猛烈な台風の後、与論島は飢えに襲われた。翌年から当時の村長ら約750人が港湾労働者の募集に応じて島を出た。まず、三池炭鉱で採れた石炭の積み出し港だった長崎県島原半島口之津へ移住。1908年に三池港ができると、2年後から大牟田市や荒尾市へ集団で移った。三池への移住者は数千人と言われる。

(2010-04-06 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与論島民の三池移住の関連キーワード伊勢湾台風狩野川台風室戸台風台風の上陸惨烈台風の目豆台風猛威猛打猛烈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone