コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世尊寺伊行 せそんじ これゆき

美術人名辞典の解説

世尊寺伊行

平安後期の公家・書家。定信の子。伊経・瞻空・建礼門院右京大夫の父。書道伝書『夜鶴庭訓抄』を著し右京大夫に与え、また注釈書『源氏物語釈』を著した。従五位上、宮内少輔に至る。一説に承安5年(1175)歿、38才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

世尊寺伊行の関連キーワード山路の露法性寺流

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android