コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世帯の少子化・高齢化 せたいのしょうしかこうれいか

1件 の用語解説(世帯の少子化・高齢化の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

世帯の少子化・高齢化

出生・死亡や結婚・離婚の変動に加え、人口移動や都市化の進行に伴うライフスタイルの変化により、世帯構造が変わってきている。平均世帯規模は1960年に4.14人だったが、2005年には2.60人へと大幅に縮小。核家族世帯の割合は第2次世界大戦後増加し、80年には60.3%まで増えたが、その後はやや減少、05年には58.9%である。3世代世帯割合は70年からの35年間で16.1%から9.2%へと減少した。対照的に、一人暮らしの単独世帯は20.3%から27.6%まで上昇し、この傾向は65歳以上の高齢者で顕著である。05年には高齢男性の10人に1人、高齢女性の5人に1人が一人暮らしとなっている。

(小川直宏 日本大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世帯の少子化・高齢化の関連キーワード人口動態人口動態統計できちゃった婚出生率離婚原因周産期死亡率粗死亡率日間変動為替変動リスクイスラムの離婚

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone