コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世帯の少子化・高齢化 せたいのしょうしかこうれいか

知恵蔵の解説

世帯の少子化・高齢化

出生・死亡や結婚・離婚の変動に加え、人口移動や都市化の進行に伴うライフスタイルの変化により、世帯構造が変わってきている。平均世帯規模は1960年に4.14人だったが、2005年には2.60人へと大幅に縮小。核家族世帯の割合は第2次世界大戦後増加し、80年には60.3%まで増えたが、その後はやや減少、05年には58.9%である。3世代世帯割合は70年からの35年間で16.1%から9.2%へと減少した。対照的に、一人暮らしの単独世帯は20.3%から27.6%まで上昇し、この傾向は65歳以上の高齢者で顕著である。05年には高齢男性の10人に1人、高齢女性の5人に1人が一人暮らしとなっている。

(小川直宏 日本大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世帯の少子化・高齢化の関連キーワード出生

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android