コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世田谷ボロ市

1件 の用語解説(世田谷ボロ市の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世田谷ボロ市

1578年、小田原城主・北条氏政世田谷の地に開いた「楽市」が起源とされる。江戸から明治前期までは、正月用品や日用品、農具が主だった。その後、古着やボロの割合が増えた。農家はボロを野良着の繕いやわらじの補強に使った。大正期以降、植木や洋品、雑貨の店が増えた。現在はアイドルポスターネックレスなどの店もある。手作りの「代官餅」は名物で、待ち時間は1時間を超えることもある。

(2006-12-16 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世田谷ボロ市の関連キーワード小田原城小田原征伐後北条氏北条小田原小田原評定方波見備前守金玉僊酒井康治北条氏政妻

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世田谷ボロ市の関連情報