コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界のバイオリン製造

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界のバイオリン製造

16世紀に誕生したとされるバイオリンは欧州で生産が盛んだったが、第1次世界大戦を機に、人件費が安く品質も向上していた日本に注文が殺到。老舗(しにせ)メーカー「鈴木バイオリン」(愛知県)によると、最盛期大正時代には年間10万本、弦50万本を輸出し、世界市場を独占したという。第2次大戦後もしばらく日本やドイツ、東欧の生産量が多かったが、20年ほど前から中国製が世界市場を席巻。ただ、高級品市場では今もイタリアなどの職人技が愛されている。

(2008-03-05 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android