コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界のバイオリン製造

1件 の用語解説(世界のバイオリン製造の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界のバイオリン製造

16世紀に誕生したとされるバイオリンは欧州で生産が盛んだったが、第1次世界大戦を機に、人件費が安く品質も向上していた日本に注文が殺到。老舗(しにせ)メーカー「鈴木バイオリン」(愛知県)によると、最盛期の大正時代には年間10万本、弦50万本を輸出し、世界市場を独占したという。第2次大戦後もしばらく日本やドイツ、東欧の生産量が多かったが、20年ほど前から中国製が世界市場を席巻。ただ、高級品市場では今もイタリアなどの職人技が愛されている。

(2008-03-05 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界のバイオリン製造の関連キーワードバイオチェロバイオリンマンドリンメチルバイオレットバイオリニストルバイヤートアルバイトサロンバイオナ中東とキリスト教

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone