コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界マスターズ大会 せかいますたーずたいかい World Masters Games

1件 の用語解説(世界マスターズ大会の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

世界マスターズ大会

マスターズ大会とは一般的に、中高年の参加者によって競われるスポーツ競技大会。世界マスターズ大会は1985年に第1回大会をトロントで開催、22競技が実施された。2005年はエドモントン(カナダ)で、2009年はシドニー(オーストラリア)で開催。競技別では、1932年に陸上競技が英国で始められ、1975年にカナダで第1回世界ベテランズ陸上競技選手大会が開催。世界マスターズ陸上競技連盟は参加に必要な標準記録を設定せず、健康であれば大会に参加でき、競技運営に支障のない範囲で記録も計測される。日本でも1980年に日本マスターズ陸上競技連合が創立、同年第1回全日本マスターズ陸上競技選手権大会和歌山で開催された。水泳競技は、日本マスターズ水泳協会が個人の能力に応じて、18〜24歳と25歳から5歳ごとの年齢区分で競技会を開催。2006年度の日本の登録スイマー数は4万4516人。01年には日本体育協会主催の日本スポーツマスターズ第1回大会が宮崎で開催された。08年は高知県で13競技が実施される。09年は静岡県で開催予定。この大会の陸上競技は、類似した全日本マスターズ陸上競技選手権大会があるため、04年から実施していない。

(高橋義雄 名古屋大学総合保健体育科学センター講師 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界マスターズ大会の関連キーワードマスターズ中高年マスターズ報告マスターテープ全米オープンリマスター第28回国際・全日本マスターズ陸上競技選手権山口大会マスターズディグリーホテル葬エビアンマスターズ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone