コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界遺産と産業遺産

1件 の用語解説(世界遺産と産業遺産の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界遺産と産業遺産

産業遺産とは、特定地域の産業を支えてきた歴史的な遺跡。鉱山や工場、鉄道などバラエティーに富む。世界遺産にも採り入れられており、ボリビアポトシ銀山ドイツフェルクリンゲン製鉄所、産業革命発祥の地イギリスアイアンブリッジ峡谷などが有名。1994年、ユネスコが世界遺産における地域や内容の偏りの是正をめざした指針でも、文化的景観や20世紀の建築などと並んで重視されている。

(2011-05-17 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産と産業遺産の関連キーワード地場産業トリガー産業産業考古学第一次産業フェルクリンゲンブレナボン九州・山口の近代化産業遺産群印新日鉄八幡製鉄所九州・山口の近代化産業遺産群世界遺産登録

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone