コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界遺産と産業遺産

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界遺産と産業遺産

産業遺産とは、特定地域の産業を支えてきた歴史的な遺跡。鉱山や工場、鉄道などバラエティーに富む。世界遺産にも採り入れられており、ボリビアポトシ銀山、ドイツのフェルクリンゲン製鉄所、産業革命発祥の地イギリスのアイアンブリッジ峡谷などが有名。1994年、ユネスコが世界遺産における地域や内容の偏りの是正をめざした指針でも、文化的景観や20世紀の建築などと並んで重視されている。

(2011-05-17 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android