コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界遺産日光の社寺

1件 の用語解説(世界遺産日光の社寺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界遺産日光の社寺

1999年12月4日、東照宮二荒山神社、輪王寺の2社1寺と境内地、さらに環境保護のための周辺の緩衝地帯を合わせた延べ424ヘクタールが登録された。境内には国宝9棟、国重要文化財94棟の建造物がある権現造(ごんげんづくり)をはじめ日本の古い建築様式を伝えるとともに、山や森林など自然と一体となった古代からの宗教的景観を保っていることが評価された。文化遺産としては国内8番目の登録。年間約200万人(2008年)が拝観する。拝観者数は登録翌年の00年に約213万人に増えた後に減少していたが、06年以降は再び増加に転じた。

(2009-12-22 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産日光の社寺の関連キーワード手向山神社東照宮女峰山二荒山二荒山神社唐沢山神社日光蟇目の神事弥生祭吉原昭夫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone