コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界遺産暫定リスト

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界遺産暫定リスト

世界遺産は毎年7月ごろに開かれるユネスコ世界遺産委員会で登録される。その前段階として、各国は登録を目指す遺産を暫定リストに載せる必要がある。日本は現在、石見銀山遺跡(島根県)など4件を暫定リストに載せている。新たなリスト掲載に向けた文化庁の公募に対して、山梨、静岡両県が「富士山」を提案し、富岡製糸場(群馬県)やキリスト教会群(長崎県)なども準備中だ。暫定リストに掲載されても、世界遺産に登録されるまで数年かかる。

(2006-11-23 朝日新聞 朝刊 奈良全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界遺産暫定リストの関連キーワード北海道飛鳥長崎の教会群とキリスト教関連遺産金を中心とする佐渡鉱山の遺産群九州古都鎌倉の寺院宗像国立西洋美術館〈本館〉明治日本の産業革命遺産百舌鳥奄美彦根城

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界遺産暫定リストの関連情報