世知原〈町〉(読み)せちばる〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕世知原〈町〉(せちばる〈ちょう〉)


長崎県北部、佐々(さざ)川上流域に存在した町。北松浦(きたまつうら)郡。
明治中期以降、炭鉱町として発展したが、1970年(昭和45)に全鉱閉山。古くからの茶栽培地で、製茶工場がある。佐賀県との境にある国見山は野鳥の宝庫で山頂からの眺望が見事。2005年(平成17)、合併のため廃止。⇒佐世保市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android