コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世知原〈町〉 せちばる〈ちょう〉

1件 の用語解説(世知原〈町〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕世知原〈町〉(せちばる〈ちょう〉)


長崎県北部、佐々(さざ)川上流域に存在した町。北松浦(きたまつうら)郡。
明治中期以降、炭鉱町として発展したが、1970年(昭和45)に全鉱閉山。古くからの茶栽培地で、製茶工場がある。佐賀県との境にある国見山は野鳥の宝庫で山頂からの眺望が見事。2005年(平成17)、合併のため廃止。⇒佐世保市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世知原〈町〉の関連キーワード奥久慈粉河鷹島長崎県立大学椎葉那須小佐々[町]佐々[町]カマユラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone