世銀総裁の女性問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世銀総裁の女性問題

米メディアによると、ウォルフォウィッツ総裁の「恋人」シャハ・リツァさんは、英オックスフォード大などで教育を受け、フランス語やイタリア語なども堪能。総裁は交際を始めた01年ごろ、妻と別居したという。05年の総裁就任後、配偶者らの同じ職場での勤務を禁じる規定から、シャハ・リツァさんは国務省に出向、管理職扱いに昇格した。その際、総裁が世銀の人事担当者に職級や給与額を具体的に指示。年収は40%以上増えて約19万ドル(約2200万円)になった。ライス国務長官の年収(約18万ドル)よりも多い。

(2007-04-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android