コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世銀総裁の女性問題

1件 の用語解説(世銀総裁の女性問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世銀総裁の女性問題

メディアによると、ウォルフォウィッツ総裁の「恋人」シャハ・リツァさんは、英オックスフォード大などで教育を受け、フランス語イタリア語なども堪能。総裁は交際を始めた01年ごろ、妻と別居したという。05年の総裁就任後、配偶者らの同じ職場での勤務を禁じる規定から、シャハ・リツァさんは国務省に出向、管理職扱いに昇格した。その際、総裁が世銀の人事担当者に職級や給与額を具体的に指示。年収は40%以上増えて約19万ドル(約2200万円)になった。ライス国務長官の年収(約18万ドル)よりも多い。

(2007-04-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世銀総裁の女性問題の関連キーワードウォルフ体ウォルフラムウォルフラムフォンエッシェンバハフォルティッシモウォルサムフォレストメディアリサーチリアルメディアリッチメディア広告

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone