コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 大辞林 第三版
  • > 両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領とは

両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領 りょう

大辞林 第三版の解説

りょう【両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領】

【了】 れう [音] リョウ
おわる。おえる。 「完了・校了・終了・読了・未了」
あきらかである。 「了然」
さとる。 「了解・了簡りようけん・了悟・了察・了承・了得」 〔「諒」の書き換え字としても用いられる〕
【 令りやう
⇒ れい〔令〕 [漢]
【両(兩)】 りやう [音] リョウ
ふたつ。特に、対になるものふたつ。 「両院・両岸・両極・両虎りようこ・両国・両親・両端・両人・両方・両雄・両翼・両輪・両三日・一両日・一挙両得・一刀両断」
昔の重さ、また、金貨の単位。 「千両箱」
〔「輛」の書き換え字としても用いられる〕 くるま。 「車両」
【良】 りやう [音] リョウ
よい。すぐれている。 「良貨・良家・良計・良好・良材・良識・良質・良田・良否・良風・良法・良夜・良薬・良友・良吏・改良・佳良・最良・純良・精良・優良」
すなおな。 「温良・順良」
めでたい。 「良縁・良日・良辰りようしん
【 亮りやう [音] リョウ
あかるい。あきらかだ。 「亮然・明亮」
(音声が)よくとおる。 「瀏亮りゆうりよう
【料】 れう [音] リョウ
はかる。おしはかる。 「料簡りようけん・思料」
はからう。きりもりする。 「料理」
ある目的のために使うもの。 「料紙・料地・御料・材料・史料・資料・燃料・調味料」
かて。えさ。 「飲料・食料・飼料」
給与。代金。 「料金・給料・見料・送料・損料・無料・入場料」
「料理」の意。 「料亭」
なでふれる。 「料峭りようしよう
【 梁りやう [音] リョウ
はし。 「橋梁・津梁しんりよう・石梁」
はり。うつばり。屋根を支える横木。 「梁材・梁塵りようじん・梁木・棟梁」
弓なりに高く盛り上がった部分。 「脊梁せきりよう・鼻梁」
【涼】 りやう [音] リョウ
すずしい。すがすがしくひややかである。 「涼意・涼気・涼秋・涼亭・涼風・涼味・涼夜・爽涼そうりよう・清涼剤」
さびしい。 「荒涼・凄涼せいりよう
【猟(獵)】 れふ [音] リョウ
鳥獣をとらえる。かる。かり。 「猟期・猟犬・猟師・猟銃・猟人・猟船・猟夫・漁猟・禁猟・狩猟」
広くさがす。あさる。 「猟官・猟奇・猟色・渉猟しようりよう
【陵】 [音] リョウ
大きなおか。 「丘陵・山陵」
みささぎ。 「陵墓・皇陵・御陵・山陵」
しのぐ。 「陵駕りようが
おかす。 「陵辱」
【量】 りやう [音] リョウ
はかる。はかるもの。 「計量・測量・度量衡」
おしはかる。 「裁量・商量・思量・推量」
かさ。物の容積・数・重さ。 「量感・量子・重量・酒量・少量・数量・大量・定量・適量・分量・無量・容量・積載量」
人格や才能の大きさ。 「雅量・器量・度量・力量」
【 稜[音] リョウ
かど。すみ。 「稜角・稜線・稜稜・岩稜」
威光のあるさま。 「稜威」
【僚】 れう [音] リョウ
つかさ。役人。 「僚属・下僚・官僚・幕僚」
同じ役の仲間。ともがら。 「僚艦・僚機・僚友・同僚」
【 寥れう [音] リョウ
さびしい。むなしい。 「寥落・寥寥・荒寥・寂寥せきりよう
【漁】 れふ
⇒ ぎょ〔漁〕 [漢]
【 綾[音] リョウ
あや。あやおり。あやぎぬ。 「綾羅」
【領】 りやう [音] リョウ ・レイ
うなじ。くび。また、衣服のえり。 「領袖りようしゆう
大切な部分。 「綱領・要領」
治める。
支配する。所有する。 「領域・領海・領空・領国・領主・領地・領内・領分・領有・天領・本領」
とりしまる。また、その人。かしら。 「領事・管領かんりようかんれい)・首領・総領・大統領」
受け取る。 「領収・受領・拝領」
【寮】 れう [音] リョウ
寄宿舎。 「寮生・寮母・学寮・寮生活」
小さな家。別荘。数寄屋。 「茶寮さりよう
律令制の省に付属した役所。 「図書ずしよ寮・大学寮」
【 諒りやう [音] リョウ
まこと。 「諒闇」
みとめる。承知する。 「諒解・諒恕りようじよ・諒承」 〔「了」とも書き換えられる〕
【 輛りやう [音] リョウ
くるま。 「車輛」 〔「両」とも書き換えられる〕
【 遼れう [音] リョウ
はるか。距離や年月が遠く離れている。 「遼遠」
【霊】 りやう
⇒ れい〔霊〕 [漢]
【 燎れう [音] リョウ
もやす。やく。 「燎原」
かがりび。にわび。 「燎火・庭燎」
【療】 れう [音] リョウ
病気をなおす。いやす。 「療治・療法・療養・医療・診療・施療・治療」
【瞭】 れう [音] リョウ
あきらか。 「瞭然・明瞭」
【糧】 りやう [音] リョウ ・ロウ
食料。食用の穀物。かて。 「糧食・糧道・糧米・糧秣りようまつ・兵糧ひようろう
【 繚れう [音] リョウ
まといつく。もつれる。また、みだれる。 「繚乱」
めぐる。まわりを取り囲む。 「繚繞りようじよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android