コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両切りタバコ リョウギリタバコ

大辞林 第三版の解説

りょうぎりタバコ【両切りタバコ】

両端を切り落としてある紙巻きタバコ。吸い口やフィルター付きのタバコに対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の両切りタバコの言及

【タバコ(煙草)】より


[専売局時代]
 1904年タバコ専売法により,タバコの製造を含めた完全専売制となり,大蔵省専売局が所管した。専売局時代のタバコは,時代を追って,刻みタバコの時代(明治),口付きタバコの時代(大正),両切りタバコの時代(昭和)と変遷した。 (1)刻みタバコ 専売制の発足時から17年ころまで,タバコの総需要のうち70%以上を占めており,2万5000t(紙巻タバコ換算250億本)前後の売上げがあった。…

※「両切りタバコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

両切りタバコの関連キーワードゴールデンバット口付きタバコ両切り