両口屋是清

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

両口屋是清

1634(寛永11)年に、いまの名古屋市で創業。尾張藩の御用菓子屋をつとめた。戦後、松坂屋名鉄百貨店への出店が契機となり、事業が全国に拡大。店舗は愛知や東京、大阪などに約110店。売上高は約50億円。生菓子のほか、干菓子焼き菓子などを製造販売する。

(2010-06-13 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両口屋是清の関連情報