コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両掛け・両掛 りょうがけ

大辞林 第三版の解説

りょうがけ【両掛け・両掛】

江戸時代の旅行用の行李こうりの一種。挟箱はさみばこや小形のつづらを天秤棒の両はしにつけて担うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

両掛け・両掛の関連キーワード江戸時代つづら天秤棒挟箱

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android