コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木正三(1世) なみきしょうぞういっせい

1件 の用語解説(並木正三(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並木正三(1世)
なみきしょうぞういっせい

[生]享保15(1730).大坂
[没]安永2(1773).大坂
歌舞伎狂言作者。道頓堀芝居茶屋和泉屋の息子で,寛延3 (1750) 年浄瑠璃作者並木宗輔の門に入り,並木姓を称したが,翌年師の病没にあい,歌舞伎作者に転じた。宝暦3 (53) 年『けいせい天羽衣』でせり出しを,同8年『三十石よぶねの始 (さんじっこくよぶねのはじまり) 』で回り舞台を考案するなど,舞台機巧にも新工夫を重ねた (→歌舞伎劇場 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

並木正三(1世)の関連キーワード中御門宣誠植松雅孝稲葉正任小笠原信成月筌鷹司房煕津川歌門徳純秦竹探柳枝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone