並河 成資(読み)ナミカワ シゲスケ

20世紀日本人名事典の解説

並河 成資
ナミカワ シゲスケ

大正・昭和期の稲品種改良家



生年
明治30(1897)年8月16日

没年
昭和12(1937)年10月14日

出生地
京都府

学歴〔年〕
東京帝大農学科〔大正13年〕卒

経歴
農林省農事試験場に入り、昭和6年新潟県長岡市の農試水稲試験地主任技師として“農林1号”を育生。早生、多収、良質の3つの長所を兼備したイネの画期的な優良品種で、越後平野米作を安定させ、全国的に注目された。これが戦後改良されて“コシヒカリ”となった。7年兵庫県姫路市の農試中国試験地コムギ育種主任に栄転したが、京都郊外で謎の自殺を遂げた。第2次大戦後、顕彰会が結成され、新潟県農事試験場に胴像が立てられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android