コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並行記事 へいこうきじ

大辞林 第三版の解説

へいこうきじ【並行記事】

聖書などで、同一の事柄が同一の文書中で複数の箇所あるいは別な文書に記されていること、また、その内容。諸文書の成立過程や伝承過程を知る手がかりとなる。黄金律はその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

並行記事の関連キーワード対観表黄金律十誡事柄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android