コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中ロ(旧ソ連)国境交渉

1件 の用語解説(中ロ(旧ソ連)国境交渉の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中ロ(旧ソ連)国境交渉

1964年に始まった。幾度かの中断を経て、87年に再開。ソ連の最高指導者・ゴルバチョフ書記長(当時)が「河川の主要航行水路を国境にしてもよい」と譲歩方針を示したのがきっかけだった。90年代に大部分が画定したが、黒瞎子島で互いに譲らず交渉は難航。2000年に就任したロシアプーチン大統領(当時)が中国の首脳とトップ会談を繰り返して04年に完全解決で合意。黒瞎子島と銀竜島の2島の総面積をほぼ折半することで決着し、335平方キロのうち171平方キロが中国領となった。

(2010-08-18 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中ロ(旧ソ連)国境交渉の関連キーワード口語詩造反有理ノルマン朝時効の中断粽形WPC今に始めぬすみつけ祭り大浜捕虜収容所演技の中断

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone