コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中ロ国境画定の経緯

1件 の用語解説(中ロ国境画定の経緯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中ロ国境画定の経緯

中国は清の時代の1689年、ロシアネルチンスク条約を結び、現在のロシア極東地域の一部を領土とする国境を画定させた。しかし、清代末期の1858年、列強進出の中でロシアに愛琿条約の締結を迫られ、アムール川左岸地域の60万平方キロの領土を失った。さらに1929年には、両国が軍事衝突した中東路事件が起き、黒瞎子島はロシア(旧ソ連)によって占領された。90年代に関係改善が進み、両国は01年に中ロ善隣友好協力条約を結び、04年に国境4300キロの完全解決で合意。最後までもめた国際河川上の島の帰属についても05年に追加協定の批准文書を交換し、外交的に決着した。

(2008-04-26 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

中ロ国境画定の経緯の関連キーワード義山理忠中ロ関係落柿舎こうじ阿羅野石鎚山脈ウィリアム歌学方クリスティーナ権利宣言

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone