コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中ロ国境画定の経緯

1件 の用語解説(中ロ国境画定の経緯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中ロ国境画定の経緯

中国は清の時代の1689年、ロシアネルチンスク条約を結び、現在のロシア極東地域の一部を領土とする国境を画定させた。しかし、清代末期の1858年、列強進出の中でロシアに愛琿条約の締結を迫られ、アムール川左岸地域の60万平方キロの領土を失った。さらに1929年には、両国が軍事衝突した中東路事件が起き、黒瞎子島はロシア(旧ソ連)によって占領された。90年代に関係改善が進み、両国は01年に中ロ善隣友好協力条約を結び、04年に国境4300キロの完全解決で合意。最後までもめた国際河川上の島の帰属についても05年に追加協定の批准文書を交換し、外交的に決着した。

(2008-04-26 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中ロ国境画定の経緯の関連キーワード愛琿条約ネルチンスクネルチンスク条約小ロシアロシアトルコ戦争露清秘密協定労農ロシアロシア極東と中国の貿易ロシアと中国メトネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone