中原 市五郎(読み)ナカハラ イチゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

中原 市五郎
ナカハラ イチゴロウ

明治〜昭和期の歯科教育家



生年
慶応3年5月15日(1867年)

没年
昭和16(1941)年3月22日

出生地
信濃国(長野県)

経歴
岡田三百三に師事、明治22年歯科医術開業免許を取得。40年日本歯科教育会設立、共立歯科医学校設立、42年6月日本歯科医学校、同8月日本歯科医学専門学校(現・日本歯科大学)に昇格。大正5年メリーランド大学から最高学位を贈られた。昭和11年名誉校長、日本口科学会名誉会長、歯科医として日本初の区会議員当選。中原式咬合器の創案者で、歯科医教育と歯科医制に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android