コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中古三十六歌仙 ちゅうこさんじゅうろっかせん

大辞林 第三版の解説

ちゅうこさんじゅうろっかせん【中古三十六歌仙】

藤原範兼が撰した「後六々撰」に名をあげられた三十六人の歌人。すなわち、和泉式部・相模・恵慶・赤染衛門・能因・伊勢大輔・曽禰好忠・道命・藤原実方・藤原道信・平貞文・清原深養父・大江嘉言・源道済・藤原道雅・増基・藤原公任・大江千里・在原元方・大中臣輔親・藤原高遠・馬内侍・藤原義孝・紫式部・藤原道綱母・藤原長能・藤原定頼・上東門院中将・兼覧王・在原棟梁・文屋康秀・藤原忠房・菅原輔昭・大江匡衡・安法・清少納言をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

中古三十六歌仙の関連キーワード上東門院中将清原深養父増基(1)藤原道綱母大中臣輔親三十六歌仙藤原義孝藤原長能藤原実方藤原道信在原棟梁曾禰好忠藤原高遠伊勢大輔赤染衛門大江千里菅原輔昭藤原公任曽禰好忠藤原道雅

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中古三十六歌仙の関連情報