中古三十六歌仙(読み)ちゅうこさんじゅうろっかせん

大辞林 第三版の解説

ちゅうこさんじゅうろっかせん【中古三十六歌仙】

藤原範兼が撰した「後六々撰」に名をあげられた三十六人の歌人。すなわち、和泉式部・相模・恵慶・赤染衛門・能因・伊勢大輔・曽禰好忠・道命・藤原実方・藤原道信・平貞文・清原深養父・大江嘉言・源道済・藤原道雅・増基・藤原公任・大江千里・在原元方・大中臣輔親・藤原高遠・馬内侍・藤原義孝・紫式部・藤原道綱母・藤原長能・藤原定頼・上東門院中将・兼覧王・在原棟梁・文屋康秀・藤原忠房・菅原輔昭・大江匡衡・安法・清少納言をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android